岡さん、来ましたね。猫ブーム。
久しぶりに会った後輩がうれしそうに私に語りかけてきました。
猫好きですが、自分うちの猫好きです。超好きです。
我が家には4匹の猫がいまして、一番上の猫は平成9年の生まれですので間もなく19歳。人間年齢にして90歳くらいでしょうか。名前を呼んだらほぼ9割の確率でどこにいても来てくれる猫です。営業部長というあだ名がついていて、誰が訪ねてきても挨拶をしてくれます。半年年下の雄猫は甘えん坊で臆病者です。怖いので誰かがくると殴る真似をします。とりあえず脅しておくようです。効果がないと本当に殴ります。爪が伸びていない限り怪我はしません。鳴き声は子猫のように甲高いのですが、もう18歳のおじいちゃんです。その子の4歳下はかたときもそばを離れたくない猫です。チャトラです。にゃーと鳴かない猫で、「あ・あ・あ・あ」としゃべるように鳴くのがまた楽しい猫です。2年前に来た黒猫は栄養失調でした。ガリガリで小さかったので赤ちゃんと思っていたら獣医さんに8か月くらいですね。と言われました。驚くほどの食欲で毎日膨れるように大きくなりました。足が長いのでいま、一番大きい猫になりました。初めは人なれしていないので近づいてこなかったのですが、チャトラねこにべたぼれで、彼に人間の扱い方を教えてもらったようです。甘えん坊になりました。ちょっと緊張するようで、一度ねこの伸びのポーズをとってから甘えてきます。必ず猫の伸びのポーズを一度入れてそばに来るのが面白いです。
我が家の猫の話を読んでいただきありがとうございます。

ヨガで猫とくればマーラジャーラーサナ(猫のポーズ)
肩こりや猫背改善、腰痛改善に効果的です。血行がよくなり代謝アップでダイエット効果、自律神経のバランスも整えるポーズです。
ヒップライン、ウエストラインが改善されるかなりお得なポーズです!

四つん這いになって始めます。
手首を肩の真下、膝を骨盤からまっすぐ下。膝の間をこぶし一つ分開け、足の甲マットで足先まで平行におきます。
手首と膝の位置が違うと背中を動かすときの可動域が変わります。きれいな四つん這いからスタートすることをお勧めします。
吐く息からスタート。背中を高くします。肩甲骨をぐっと開いて顎を引いて視線をおへそに向け、坐骨もマットの方へ下して丸くなります。
猫が怒ってさかなでているようなポーズです。
吸って背中を反らせていきます。坐骨を天井に向けて肩甲骨を引き寄せてお顔を正面へ視線は上に向けていきます。
猫が伸びをしているときのイメージです。
筋肉の収縮を繰り返しながら呼吸をゆっくり大きく、気持ちよくとっていきます。
繰り返していきますと代謝のあがりやすい体へと変化していく方が多いです。一回では何がいいの? と思っている方も2回目、3回目のレッスンではこの猫のポーズで体が熱くなるようです。とってもお得な猫のポーズ、おすすめです。